English

お電話でのお問い合わせ0880-35-3184

ご宿泊予約

料理

安住庵名物『ひとり⽫鉢』
『めおと⽫鉢』

ひとりでも夫婦でも、
⽫鉢が堪能できる!

夕 食

皿鉢料理

皿鉢料理

⽫鉢料理は数名が⼤⽫の⽫鉢から⼩⽫に取り分けるのが⼀般的な⾷べ⽅です。安住庵では昭和45年代から、少⼈数でも⽫鉢料理をお楽しみいただけるよう、ご夫婦、カップル様⽤の「めおと⽫鉢」、
おひとり様⽤は「ひとり⽫鉢」をご⽤意しています。
⽫鉢に載せる料理は10品。それ以外に数種類の1品料理をご提供します。四万⼗川、⼟佐の海、幡多の森で育まれた、滋味深い地元の⾷材を網羅しておりますので、郷⼟料理を思いっきり満喫したい⽅にお勧めです。

皿鉢料理とは
〜皿鉢料理とは〜

⽫鉢(さわち)料理は、⾼知県の郷⼟料理の総称です。
約40-60㎝もある伊万⾥焼などの⼤⽫の上に、⾼知の⼭の幸や海の幸を豪快に盛り合わせた、宴会や冠婚葬祭には⽋かせない料理です。
基本は、刺⾝、寿司、そして煮物や練り物、焼き物などの「組み物」で構成され、⽫鉢に盛られる料理の種類は地域や季節により様々です。
通常は4〜10⼈分ずつ1枚の⼤⽫に豪華に盛り付けし、各々が⼩⽫に取り分けて⾷べます。

ひとり⽫鉢・めおと⽫鉢誕⽣秘話
〜ひとり⽫鉢・めおと⽫鉢誕⽣秘話〜

⽫鉢料理は地元では主に宴会で出される料理です。⼤⼈数の中で遠慮し合って最後まで⾷べられないという悩みもありました。宿泊客には⽫鉢の雰囲気を味わいながら⾃分のペースで最後まで⾷べていただきたい。そう先代女将の尾﨑住子は考えました。

当時から”隠れ家的な宿”として夫婦や少数グループ客が多く、⼆⼈⽤の「めおと⽫鉢」、奇数⼈数⽤の「ひとり⽫鉢」を考案し、それに合わせた陶器の⽫も特注しました。お客様から⾼知の⾷⽂化に触れる事ができたと⼤変喜ばれ、当時の「ホテル中村」にて⾼知県初の名物料理が⽣まれた瞬間でした。

皿鉢プラン
人気の一品

  • 鰹のたたき
    鰹のたたき

    ⾼知県⺠が愛してやまないソウルフード。

  • 鮎の塩焼き
    鮎の塩焼き

    清流四万⼗川で育った鮎は臭みや雑味が少ないのが特徴。

  • ⼿⻑川エビ唐揚げ
    ⼿⻑川エビ唐揚げ

    ⼩さな体に詰まった⾹ばしさと川の⾹りをお楽しみ下さい。

お客様の声

  • 料理はとても美味しく、特に⼀⼈分の⽫鉢料理のコースでは、地元の美味しいものをチョットずつ楽しめました。カツオのたたきや刺⾝三種盛りの厚みもあり、四万⼗川のウナギ、川のエビの焼いたのなど、地酒にとっても合いました。
    (50代女性)
  • 名物の⽫鉢料理を、贅沢にも⼀⼈⽤で出していただきました。うなぎ蒲焼き、⼿⻑川エビの唐揚げ、⻘のりの天ぷら、ゴリの唐揚げ、お刺⾝等、⼩⽫に分けているとはいえ、それだけでも⾷べきれないくらいの量でしたが、それ以外にも鮎の塩焼きや⼩鍋が出て、お腹の⽅は⼤変満⾜できました。
    (50代男性)

会席料理

会席料理

リーズナブルな会席料理をご希望の⽅へ。清流・四万⼗川で獲れた⻘さのりの天ぷらやかつおのタタキ等、この地ならではの代表的な料理を含む、8品程度の会席料理です。

〜四万十牛(しまんとぎゅう)とは〜
四万十牛(しまんとぎゅう)とは

年間70頭ほどしか生産されないことから、幻の牛といわれる雌の未経産黒毛和牛。四万十川中流域の山あいにある牛舎で飼育されています。四万十川支流の清らかな水と地元の稲わらを与え、美しいサシの入ったきめ細やかな肉質と甘みのある旨味が特徴です。

お客様の声

  • 特にお勧めは⼣⾷の四万⼗⿊⽑和⽜のステーキ。おかみさんの話では『提供して間もない品で、四万⼗の清流と藁をエサにした⽜から⽣まれた、30ヶ⽉に満たない仔⽜の⾁』とのことで、とても柔らかく多少奮発してもまた⾷べたくなるお⾁でした。
    (50代男性)
  • ⾷事は和を中⼼とした⼟地の産物の料理がおいしく、また量も丁度良く、⼤変満⾜できました。
    (40代男性)

朝 食

朝食

地元四万⼗で獲れたお⽶をお釜で炊いています。
炊き⽴てのご飯に⾃慢の味噌汁、おじゃこや⼭菜、野菜サラダ等、体に優しい和定⾷です。

(あかつき)

暁(あかつき)

お食事は夕食、朝食共にお箸処でのご用意となります。

畳の間ですが、テーブル&椅子のダイニング形式となっておりますので、ご高齢の方やお足元に不安がある方でも安心してお食事をお楽しみいただけます。

よくある質問